口臭の原因と簡単にだきるセルフケア

口臭の原因は様々だが、口臭のほとんどの原因は口の中にあると言われている。

虫歯や歯周病、内臓や呼吸器に原因がある場合は専門医の診察を受ける必要があるが、セルフケアで改善できる可能性もあるので、先ずは自宅で簡単にできるケアを実践してみるのが良い。

口臭の原因のひとつであり、セルフケアで改善できるのは口腔内の乾燥や汚れ。
それらは特にセルフケアで改善できるが、どんなケア方法があるだろうか?

ブレスマイルウォッシュの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

先ず、口腔内の乾燥を改善するために一番簡単な方法はズバリ『しっかり水分を取ること!』だ。
そもそもの話のようだが、水分不足は意外に多くの人が抱える問題とも言える。
筆者も日中は仕事に集中していると、ついつい水分を取るのを忘れて数時間が過ぎてしまうことがザラにある。
意識をすれば改善できる方法なので、先ず取り掛かりたいものだ。
また、口腔内の乾燥の原因として『唾液の減少』も考えられる。
これは、ケースによってはセルフケアで改善が難しいこともあるようだが、唾液腺を刺激する事で唾液の分泌量が増えると言われている。
口の周り、頬の耳の手前あたりを軽くクルクルとマッサージすると唾液がジワ?と出でくるのが実感できるだろう。
仕事の合間や家事の合間に簡単にできる方法なので早速やってみるべきだろう。
それ以外にも、ストレスも唾液減少の原因になるようなので、普段からストレスを溜めない心がけやストレス発散も効果的だろう。

次に、口腔内の汚れ。
普段のブラッシング方法が正しいか、歯ブラシの状態が悪くないか、簡単なことだが案外見過ごしてしまっているようなこれらのことをチェックすることも大事だ。
ブラッシング方法を改善するだけで汚れは綺麗に落ちるが、強く力をかけて磨くことが正しい磨き方とは言えないようだ。
力は入れず、歯茎が気持ち良いと感じるくらいのマッサージするようや加減で丁寧に磨くのが良いと言われている。
自分の歯の形状や並び方によって磨き方を変える必要もあるため、一度は歯科医院で口腔内のチェックをしてもらうとブラッシングの指導も受けることができるし、口臭の原因も明確になるだろう。
その時に、自分の口に合う歯ブラシや口腔ケア品も相談してみると良い。
歯科医院には、ドラッグストアなどでは買えない商品もあるので、おすすめされたら使ってみよう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。