日焼けの落とし穴に注意!フェイスはこうして守る!

フェイスの凸凹した部位のうちで、出っ張った部位だけが日焼けしたり、シミができやすいと感じたことはありませんか?これはもっともなことで、頬の高い位置、鼻、などは目の下、顎などに比べても高い位置にありますから、紫外線が届きやすくなります。では、どうしたら予防できるでしょうか?

http://www.blacksheepsnackbar.com/

サンスクリーンの使い分けをしよう!

サンスクリーン、言い換えると日焼け止めのこと。最近は、多様な機能が付加価値になったものが多いですよね。とくに決まった機能性はなく、手持ちのサンスクリーンを使って部位ごとに塗り分けを行うとベターです。たとえば、目の下、目の周辺では皮膚が薄くなっています。薄い皮膚には低刺激、SPF値の小さなサンスクリーンを選んで、薄く塗り込みます。一方で、鼻筋、頬の高い位置には長時間用タイプ、SPF値の高いものを選んで部分塗りをおこないます。これで肌への負担を考慮しながら、紫外線対策が万全になります。

目の周辺にサングラスも利用して!

海や山という日焼けの起こり易い場所で肌を露出させる時には、サングラス対策も怠らず!なんといっても、瞳も紫外線を浴びています!髪の毛や頭皮に紫外線が当たることと同じように…塵も積もれば山となる、日々手を抜いていると、大きなシミになることも。紫外線を浴びる以前に、日焼け止めクリームで予防を徹底しましょう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。