去年の日焼け止め、使ってもいいの?

100円ショップにも置かれてるものの、有名メーカーの人気の品ともなると日焼け止めもけっこうするものです。特に夏の日差しが強い時期には良いものをと使用している方、気が付くと涼しくなり長袖になって使わなくなったなんて経験あるのではないですか。

http://www.fundrepa.org/

未開封だと3年程度は大丈夫ですが、ただし風通しの良い場所で保管しておくようにしましょう。すでに開封してしまったものはその年の間に使いきった方がベター、液体が酸化して変質してしまっている可能性が高いからです。そんな製品を使って、もしもお肌トラブルが起こってしまったら大変です。特に無添加のもの・ノンケミカルの製品などは酸化スピードが速い傾向にあるため注意することです。ちなみに日焼け止めの効果を持つ成分自体は劣化することはありません。それにそもそも薬機法にて3年以内に品質に変化が生じないならば特に使用期限を表示する必要は無しとされていることから、書かれていないのです。

いつのものなのか分からないというなら、においをかいだり色をチェックしたり目立たない所でパッチテストしてみるのも良いでしょう。ただ毎年のように新しい製品が出てきているのは、去年よりも今年の方がより技術開発が進んでいるからこそです。本当に焼きたくないなら毎年、最新のものを使用すべきです。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。