梅雨から夏にかけての紫外線対策について

6月の時期になると気が早い気はしていますがドラッグストアーなどに紫外線対策用に日焼け止めクリームなどの販売が始まりますよね、私は基本的の汗かきですし日焼け止めのマットな無理心地の日焼け止めがとても苦手です。学生の頃から日にも焼けやすく大体が真っ黒に焼けてしまいます。http://snowbar.jp/

皮がむける程の経験はありませんが色白ではないです。日焼けをした年の冬は気持ち的な事かもしれませんが乾燥やシワが深く目立っている気がします。年々年を重ね今は40歳を目前にしている年齢ですが、最近はシミやシワも増えてきているので心持程度ですが化粧下地に日焼け止めが入っている化粧品を使用しています。しかし、日差しの強い日最近ではマスクも必須なので蒸れてしまって日焼けと肌荒れのダブルパンチ。頬や口回りは特に乾燥がひどくなった様に思います。

通りや街を歩く人を見ると日傘、アームウォーマー対策は人それぞれですが肌を守る事において完全防備なのも結構心配な事もあります。日差しを浴びることで精神的な負担とかもない方がいい気がして私は決めた時間日差しを浴びる事を完全にシャットアウトする事は逆にやめて適度な人体の光合成も兼ねて肌荒れ防止対策をとっています。長時間炎天下の中での活動は日差し対策グッツ、帰ってからは夜の十分な肌の保湿は心がけている感じです。この対策とスキンケアで10年後20年後のシミやシワがひどくならない様に気を付けるのも大変だなと毎日感じています。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。