若白髪

わが家は白髪家系らしい。その代わりハゲないみたいだ。祖父がそうだったし、親戚一同を見まわして皆そうだ。それは良いことかもしれないが、若いうちから髪に白いものが混じるから困ることもあるのだ。ぼくはなんと中学生のとき白髪に気づいた。同級生が指摘してくれた。というか、からかわれた。http://foire-expo-monaco.com/

20代後半で真っ白、とまではいかなかったものの、かなり白くなった。ある夜、仕事帰りの混んだバス車内で女子高生に席を譲られてしまった。疲れていたからありがたく座ったが、30歳で老人に見られるとは! 心中複雑である。悔し紛れに、その子はきっと近眼なんだろうと思うことにした。理髪店にかかると、話題が若白髪へ。

目立たなくするいい方法がありますよ、などど店主が言う。それは「染めてあげますよ」ということで、ある意味で営業攻勢である。行くたびにこれだから少々くたびれる。

ぼくの年少の従兄弟はぼくよりさらに若白髪だ。それも若い独身女だ。染めて隠しているから世間に知られてないだけだ。つきあっている彼氏はいる。

彼は白髪の事実に気づいていないらしい。たまに会うと、男って鈍感ね、なんて言う。髪が白かろうが黒かろうが、はたまた金色だろうが、人間の価値に関係はない。でも結婚後に現実を知ったら、女って恐い、と思うかもしれない。そんな想像をするとなんだか可笑しい。

白髪をしっかりと

白髪になってしまっていることで悩んでいるという人は多いでしょう、結局のところどのようにすればよいのかといえば白髪染めをするというのがベストです。

ボタニカルエアカラーフォームって染まるの?!私の本音口コミを暴露します!

白髪にならないようにということを目指したいというのは分からんでもないのですが、あんまり白髪を増やさないようにするというようなことは明確にできなかったりします。

栄養学とかそういう観点から見てみるということはできるでしょうし、髪にいい食材というのを食べていたりしますと意外と回復したりするということもありますし、髪に対する負担をあまりかけないようにするとかそういう事でも良いのですが結局のところ、染めてしまうのが圧倒的に早いです。

しかし、ここで注意しないといけないことがあります。それが肌に対することです。頭皮に対してあまり負担がかからないような白髪染めにしましょう。

実に無難なことではありますが、まずはなんといっても大事になってくるのが自然派である、ということでしょう。自然の素材で出来ているようなものであることが重要であるといえるでしょう。そうしたことを選択すれば上手く負担なくできるようになるでしょう。白いのを黒くすることになるわけですから、ムラなどもなく塗るようにしましょう。

40代から気になりだす人が増える白髪問題!

40代ともなると、髪質うんぬんよりも白髪がとにかく気になりだすということを友人がボヤいていた。どちらかというと、私は割と白髪が生えるのが遅く、40代も半ばになってから白髪が少しずつ気になり始めた。白髪はまんべんなく生えるものと思っていたのだが、意外にもまとまったエリアに生えるタイプだったようで、白髪が密集するエリアを見つけると気になって仕方が無い。

http://www.sondeglane.com/

まだ一部分なので、ヘアマニキュアで対処していたのだが、元の黒髪のような艶が無いので、仕上がりとしては不満。それで、ここのところ髪の育成に良いと言われる食材を多く摂るようににし始めた。まずは、血行を良くすることにより皮膚や髪の育成を助けるためのビタミンA。人参や小松菜に多く含まれるので、煮物などに取り入れるようにしている。

また、髪の主成分となるアミノ酸の元になるタンパク質は欠かせない。魚や肉といったメインのおかずに取り入れられる食材が多いので、普段から特に工夫しなくても対策ができる。

しかし、気を付けたいことも。髪の毛穴を塞ぐ脂肪分を多くしないためにも、カロリーが高い調理方法は避けた方が無難。健康のためにも髪のためにも低カロリーで栄養素が豊富な食事がやはり大事だということだ。地道に努力することで、少しでも髪の毛の若さも保てるものならばぜひおすすめしたいと思う。